【転職によって、改善できるかどうかを点検する】

 「転職する」決意を固めて転職活動に入っているかと思いますが、「転職によって現職の何を変えたいのか?それは転職によって改善できるのか?」が明確になっていない場合、転職しても変わらない場合があります。現職の何が不満で、または何が不足していて、新たに職を変えようとしているのか、転職の目的を明確にしておきます。たとえば賃金であったり、人間関係であったり、通勤時間であったり、スキルアップ、キャリアアップであったり、様々な理由はあるかと思いますが、これを明確にして、転職活動に臨むのがベストです。

 

【定量的に比較して改善可否を点検する】

 転職の理由、改善したいテーマが明確になったら、次は転職先の条件をは点検します。漠然と「人間関係が良さそう」であるとか、「給料は若干よくなりそうな雰囲気」であるとか、定性的な比較で納得してしまうと、転職後に実はほとんど改善していないことがわかり、公開してしまうようなことにならないよう、比較は定量的=具体的な数値でおこないます。例えば賃金の場合、残業や賞与、その他各種手当等を含めた新旧の比較をおこなって、結果的に望むような改善が見込めるのであれば、その条件はクリアした、といえます。改善点が複数ある場合には、条件に優先順位を付与して、順に評価していき、最終的に妥当な転職先であるのかどうかを判断します。

 

【自分のスキルを課題評価しない】

 上述のような定量的な評価を行った場合、転職先を誤るリスクは軽減できますが、そもそも転職先の入社条件に合致していることが前提条件になります。ここで自分のスキルを過大評価していては、入社後に苦しむことになりかねません。できれば、資格や実務評価についても、なるべく客観的で定量的な評価をおこなって、転職先に提示するのが良いでしょう。信頼できる友人や先輩と協力して、客観的な自己評価をおこなうのも良い方法です。

 

 

おすすめサイトのご紹介
20代の転職レポートまとめ|希望条件に妥協なし!
20代の転職を成功へ導く情報ガイド!

 

30歳が転職を達成する方法
30歳の転職で大切なことを知りたい方はこちら!

 

http://xn--hdks506x2z1bjcp4mq.net/
高卒の転職は大卒よりも有利になる?

 

http://xn--25-j88c983at0nkw4agdv.net/
25歳の転職でチャンスを掴もう!

 

40歳が転職で狙うべき業界や求人の探し方
40歳以上が転職する際の適切なアピール方法や応募書類の対策など

 


このページの先頭へ戻る