転職をするタイミングを見極める

 短期間で転職活動を終わらせるためには、タイミングが非常に大切です。転職したいと考えても、即座に行動を起こすことは適切ではありません。求人が出やすい時期に転職活動を始めるようにすると、スムーズに転職することができます。たとえば、一般企業が休みになることの多い時期は、あまり求人情報も出なくなるため、転職活動をするのは避けた方が望ましいです。

 

効率的に求人を探す

 転職活動を始めることに決めた後は、スピーディーに行動を起こす必要があります。求人が出た場合、基本的には早い者勝ちで選考が進められていきます。応募するのが遅れてしまうと、それだけで不利なのです。譲れない条件を明確に決めて、求人媒体で検索を掛けて、気になる求人には積極的に応募していくことが大切です。1社の選考が決まるまで待つのではなく、複数の企業に応募し、同時進行の形を取ることが望ましいです。

 

応募書類の記入内容に注意する

 たいていの企業は、面接を行う前に書類選考というステップがあります。履歴書・職務経歴書を提出するのが一般的です。応募書類の内容というのは、非常に重要な意味を持っています。特に、志望動機と自己PRには力を入れる必要があります。企業の採用担当者は、志望動機と自己PRの内容を見て、面接に呼ぶかを決めていることが多いのです。

 

面接では積極的にアピールする

 書類選考を経て、面接を受ける機会が訪れたら、積極的に自分を売り込むようにします。それまでの経験をどのように活かしていくかを採用担当者に納得してもらえるように、分かりやすい言葉で説明することが大切です。また、気になっている点について、きちんと質問をするようにして、意欲が高いことを伝えることも必要になります。


このページの先頭へ戻る